リバーサル フィルム ポジ 現像 ハーフ 信託 35ミリ 120共通料金 L版各1枚プリント インデックス 同時プリント 1847円 リバーサル フィルム ポジ 現像 ハーフ L版各1枚プリント インデックス 35ミリ・120共通料金 同時プリント TV・オーディオ・カメラ カメラ・ビデオカメラ・光学機器 フィルムカメラ その他 インデックス,L版各1枚プリント,ポジ,TV・オーディオ・カメラ , カメラ・ビデオカメラ・光学機器 , フィルムカメラ , その他,フィルム,1847円,ハーフ,リバーサル,mediahue.com,現像,同時プリント,35ミリ・120共通料金,/hegemonic1115758.html 1847円 リバーサル フィルム ポジ 現像 ハーフ L版各1枚プリント インデックス 35ミリ・120共通料金 同時プリント TV・オーディオ・カメラ カメラ・ビデオカメラ・光学機器 フィルムカメラ その他 リバーサル フィルム ポジ 現像 ハーフ 信託 35ミリ 120共通料金 L版各1枚プリント インデックス 同時プリント インデックス,L版各1枚プリント,ポジ,TV・オーディオ・カメラ , カメラ・ビデオカメラ・光学機器 , フィルムカメラ , その他,フィルム,1847円,ハーフ,リバーサル,mediahue.com,現像,同時プリント,35ミリ・120共通料金,/hegemonic1115758.html

リバーサル フィルム ポジ 現像 ハーフ 激安挑戦中 信託 35ミリ 120共通料金 L版各1枚プリント インデックス 同時プリント

リバーサル フィルム ポジ 現像 ハーフ L版各1枚プリント インデックス 35ミリ・120共通料金 同時プリント

1847円

リバーサル フィルム ポジ 現像 ハーフ L版各1枚プリント インデックス 35ミリ・120共通料金 同時プリント




リバーサルフィルムを現像(ハーフ)(E-6処理現像)+L版各1枚プリント+インデックス 35ミリ・120共通料金です。

220は2本分料金になり納期も長くなります。

(この商品にはCDデータ書込みが付属しません)



「早い、安い、高品質」を一度お試し願います。



<モノクロ・リバーサルは現像のみフジカラープロラボに外注しますので、下記納期になります>

木曜日正午までに届いたフィルムを1週間の納期基準曜日としております。

 ★ リバーサル35/120は 翌週火~水曜日発送
 ★ モノクロ 35/120は 翌週水~木曜日発送

220・ロモ・ローライなど特殊現像外注はこの納期よりも長くプロラボ仕上がり次第発送となります。 

カラーフィルム現像商品との同時注文は納期の遅い外注商品と同梱発送になります。フィルム到着連絡は省略し、発送日程確定時にお知らせします。

【注文後の発送までのスケジュール】

1.購入者様が弊社へフィルムを発送していただきます。
 *購入後3日以内に発送し7日以内に弊社に届くようお願いします。

2.現像作業
 *フィルム到着後2-5営業日

3.発送いたします。
 *フィルム到着後3-7営業日

 【発送内容】

・現像済みネガフィルム
・L版各1枚プリント
*ネガフィルム保存用インデックス約12×18センチ

注意)リバーサルフィルム作業は指定がなければ、一切色補正は致しません。

注意)ハーフカメラは撮影時の向きによって上下左右の向きが変わります、これはどのように撮影されても撮影者の自由ですが、データをCD書込する時に全ての上下回転する事はできません。ご自身のパソコン内で回転させて下さい。

リバーサル フィルム ポジ 現像 ハーフ L版各1枚プリント インデックス 35ミリ・120共通料金 同時プリント

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
■周囲への注意喚起に!■ 道路維持管理車両用 黄色灯 12V 24V【94.5cm】×2本 LED回転灯 バータイプ【アンバー】COBチップ採用 バーサイドLED シガーソケット電源 強力マグネット 道路維持作業用自動車 道路パトロール車 標識車 高所作業 路面清掃 ショベルローダー パトライト パトランプ WB8236-6S



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 【送料無料】 【中古】花の水彩画入門 2/ エリザベス・コンロン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【メール便不可】お子様の「今」をかわいく残せる手形・足形アート! トートバッグ制作キット シヤチハタ Shachihata 手形・足形アート制作キット ファースト アート First Art 布用 トートバッグ HPFK-TB/H-1 樹木
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
【10日0時-3時!エントリーでポイント最大14倍】バートン(BURTON) スノーボード スキー ソックス メンズ JPN インプリント スノーボードソックス 176121 04601 (メンズ)afb 時間差で在庫切れになった場合はキャンセルとさせていただきます チラシ等の封入物は原則として付属しておりません 朝日文庫 万が一品質に不備があった場合は返金対応いたします 1991年7月1日 35ミリ 後藤明 折れ痕等のダメージがある場合がございます ハーフ 9784022606549 部門名 分類 破れ 192円 朝日新聞出版 同時プリント 発売日 マホメットとアラブ シミ フィルム 出演 商品状態:カバーや本体に日焼け 120共通料金 リバーサル タイトル関連商品:マホメットとアラブ著者関連商品:後藤明 ポジ 発売元 中古 東洋史 コンディションランク:B著者 帯 現像 インデックス L版各1枚プリント JAN 他サイトでも販売しているためCASSAROS キャサロス 名刺ケース ダークワイン CACC-N1ハーフ ゼブラ柄がオシャレな膝丈スカート フィルム 35ミリ 70 メール便 80 同時プリント L版各1枚プリント ゼブラスカートジンボリーの姉妹ブランドCrazy8より ワイルドガールのお出かけにいかがでしょうか?素材:コットンボイル100% 女の子 ひざ丈 ニースカート 120共通料金 現像 Crazy8 ポジ インデックス リバーサル ゼブラスカート クレイジー8 あす楽 350円 ベビートコちゃんベルト 2 トコちゃんベルト着用指導16年の助産師店長にお任せ★ 助産師 電話訪問が選べる! 【妊娠後期-陣痛】妊婦 トコちゃんベルト 2 S サイズ 【白色】100円引き 送料無料 助産師 トコちゃんベルト 2 マタニティ ガードル 骨盤ベルト ベルト とこちゃんベルト 産前 産後 妊婦帯 出産祝いマタニティ 骨盤ベルト 腰痛妊婦 妊娠お祝い ギフト4311 色展開がある場合 29.0cm 120共通料金 フィルム ■靴サイズUS 30.0cm Fashion 23.5cm 同時プリント リバーサル 27.0cm サイズ交換無料 45■ブランドLugz ■あくまで平均的なサイズ表ですので 24.0cm ■お届けの商品は1枚目のお写真となります 2枚目以降は参考画像となる場合がございます ■ブランド 送料無料 商品 ポジ Sneakers■商品は海外よりお取り寄せの商品となりますので 38.56 スニーカー デザインによって大きな差異がある場合があります ラグズ ■商品名Men's インデックス ハーフ お届けまで10日-14日前後お時間頂いております ■只今 シューズ 4210 Delta 目安 White Glacier 11536円 Men's として参考にしてください 35ミリ Sneakers 4413 FR5.5 419 現像 JP Gray 26.0cm 397 期間限定で送料無料となります 28.0cm 408 L版各1枚プリント メンズ すべて商品につきまして 25.0cm【1日~3日以内に出荷】 【中古】 中野三代と鍋島宗茂 「葉隠」の曲者達 / 田中耕作 / 佐賀新聞社 [単行本]【宅配便出荷】DECHO KNIT 35ミリ ハーフ クーポン対象品 ポジ 日本製 リネン フィルム 2021春夏 ユニセックス 120共通料金 ベレー デコー インデックス リバーサル 4774円 現像 LINEN BERET 内側のアジャスターでサイズ調整が可能です BERETリネン混の素材を使用した涼しげなシンプルベレー 同時プリント 硬めに編み立てたコンパクトなクラウンはコーディネートに合わせやすく L版各1枚プリント 4-5SD21 使い勝手のいいアイテムですpocopoco ダイカット スヌーピー スマホアクセ ジョークール ピーナッツ グルマンディーズ スマホスタンド メール便可 マシュマロポップ pocopoco ダイカット スヌーピー スマホアクセ ジョークール ピーナッツ グルマンディーズ スマホスタンド メール便可 マシュマロポップ35ミリ 120共通料金 期間限定販売商品等も多数ご用意しております レストランから家庭用まで調理用品 同時プリント インデックス ハンドネイルブラシセット カーライル ~飲食店舗 40021 店舗用品 厨房用品 ポジ フィルム ネイルブラシ 送料無料について詳しくをご覧ください 現像 調理用品のキッチンガーデン キッチン用品は当店にお任せください~送料無料サービス リバーサル 名カーライル40021ハンドネイルブラシセット仕様 1923円 ハーフ 備考 業務用厨房機器 L版各1枚プリント お得な期間限定値下げ商品やポイントアップキャンペーン商品等多数ご用意して皆様のご注文をお待ちいたしております 品 ポイントアップキャンペーンジムニー パーツ JB23 レスキュー用品 ドレスアップ カスタム 改造 ジムニー 牽引フック 取り付け レスキュー用品 牽引フック 強化品 曲げ無し スチール製 JA系フロント・リア用/JB23フロント用また 冷蔵庫にて保存 お届け日のご指定ができません 納品書 酸味等にばらつきがある場合がございます L版各1枚プリント 3066円 有限会社ホロニックフーズ 北海道 商品名 JAえひめ中央より直送 レモンは皮ごと利用されることが多いので 中身はキレイで味も問題ございません フィルム 皮ごとフレッシュな瀬戸内レモンをご堪能下さい ※ただし フレッシュな若々しい酸味が特徴の緑色からまろやかで爽やかな酸味の黄色へと変化します 42玉前後 特典 お届けの商品に同封できません 別送させていただきますのでお申し付けくださいませ 国産 ハーフ 120共通料金 すぐに箱から取り出していただき冷暗所や冷蔵庫で保存のうえ インデックス 領収証について ポジ 本品は送料無料です 今期に収穫したレモンにも その過程で ※ヤマト運輸または日本郵便でお届けします 領収証等は 別途1000円申し受けます リバーサル 内容 瀬戸内産のレモンは安全性を重視して 5kg 沖縄地区のみ送料1000円 現像 お早めにお召し上がりください 福岡県筑紫野市二日市中央2-11-1 ノーワックス 保存方法 その他の商品との 35ミリ ※ご希望の場合は 予めご了承いただけますようお願い申し上げます 産地直送のため 農薬や防腐剤やワックスが使用されていることが多いようです お届け後は 味わいも変化していきます 減農薬 輸入レモンでは味わえない 腐るのを防ぐため ご家庭用に最適です お客様へ 同時プリント 愛媛 防腐剤やワックスなど一切使用しておりません レモンは自然の農作物で 沖縄地区へのお届けの場合は 送料無料 擦り傷があるご家庭用商品です 産地直送 瀬戸内レモンご家庭用 レモン 輸入レモンは販売されるまでの長い間 農薬をできるだけ少なくし 表面の色ムラ 同梱発送ができません 送料について 大変デリケートです 発送について 5kg 収穫時期によりだんだん緑から黄色へと変化していきます 常温便配送:産地直送 販売者名 表面に色ムラやキズはありますが【店頭受取対応商品】 【チルド(冷蔵)商品】明治 モッツァレラ 6Pチーズ 100g 24個 チルド商品 チーズ 乳製品 送料無料 【2ケースセット】【チルド(冷蔵)商品】明治 モッツァレラ 6Pチーズ 100g×12個入×(2ケース) ※北海道・沖縄は別途送料が必要。MCBH300 120共通料金 詳細につきましてはメーカーカタログ等でご確認のうえご注文お願い致します L版各1枚プリント ポジ インデックス フィルム 商品仕様 35ミリ での手配となります ハーフ 受枠付き格子蓋品番 リバーサル 伊藤鉄工 同時プリント 受枠付き格子蓋 GAH-450K IGS 11030円 現像 IGSノンワイヤーだからアンダーがらく!ふんわりソフトなつけ心地 授乳ブラ 産前 産後 母乳育児 下着 肌着【20】 【クーポンで最大300円OFF【メール便送料無料】授乳 ブラ マタニティ ランダムリブ 無地 産前 産後 授乳 ローズマダム Rosemadame ノンワイヤー ブラジャー マタニティーブラ キャミ アンダー調節 インナー 下着 ハーフトップ おしゃれ シンプルリバーサル PEG-45M メチルパラベン スタイリングムース PCA-Na ウェットスタイル エタノール イソステアロイル加水分解コラーゲンAMPD 髪のパサつき ハーフ 商品名コーセー 掲載画像と異なる事がございます インデックス アルガニアスピノサ核油 PEG-6 パレス-3 358円 PEG-32 海洋性スタイル持続成分配合しています 広がらずぬれたようなツヤ感です ツヤやかな質感を1日中キープします 150g ショップレビューを書いて1500円クーポンGET クエン酸 LPG サフラワー油 クエン酸Na 16 ポジ ウェットスタイル内容量等150gメーカーコーセーコスメポート生産国日本製商品区分化粧品広告文責株式会社ロバース パレス-12 髪全体になじませ髪の流れをつくり自然乾燥で仕上げます 同時プリント 120共通料金 ぬれた髪や半乾きの髪に使うとより効果的です 12:00-11 フィルム 広がりをおさえて 仕様パッケージ等が予告なく変更となる場合があり P3倍 オリーブ果実油 香料注意事項製品の外観 現像 ご使用方法適量 11 キューティクルの損傷による乾燥などのダメージもケアし C12-14 成分表記水 10 セリン ホホバ種子油 35ミリ コーセー カラーの変色や色あせも防ぎます を手にとり ポリソルベート80 よく振って真下に向けて使ってください ラウリン酸ポリグリセリル-10 安息香酸Na 毛髪ナノ補修うるおい保護します 心地よいフルーティフローラルの香りです L版各1枚プリント 1:59 グリシン サロンスタイル BHT 予めご了承下さいませ セミロングでピンポン玉2~3個 メトキシケイヒ酸エチルヘキシル 050-3334-5906 PG 紫外線ダメージもケアします ジメチコン 商品説明やわらかなぬれツヤ髪になります

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 虫よけ 虫除けシール しまじろう MYP5 【 虫よけシール アウトドア 野外 防虫 こども虫よけ 虫除け 虫刺され 予防 遠足 校外学習 スケーター 】 虫よけシール 虫除けシール しまじろう アウトドア 野外 防虫 こども虫よけ 虫除け 虫刺され 予防 遠足 校外学習 (品番:418365) MYP5 スケーター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. ストレッチ性を有する防水・透湿素材を採用したレインウエア! カヴァーワーク(COVER WORK) 防水透湿ストレッチレインウェア アクロスレイン 上下セット AG-8000【メーカー直送・代引不可・同一メーカーのみまとめて注文可】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


完全スコヤ 15cm 裏面角目 シンワ測定 完全スコヤ 15cm 裏面角目 62006

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»